原田泳幸式経営の法則│『できない』を『できる』にする極意

パズルの組み合わせ

経営戦略に必要なこと

電話をかけるサラリーマン

経営の戦略に必要なのは順序が大切です。柱を立てるには、家を建設するようにその土台となる順序が必要になるのです。家もその土台が無いと柱を立てることは出来ません。またその柱がないと壁を作ることも出来ないのです。自分の思う通りの戦術を実際に行うためには、環境を整えることが大事なのです。ピースを1つずつ組み合わせていくパズルのように、戦略を考える必要があります。店の経営を行うにはこの順序をしっかり覚えておかなくてはなりません。時間を掛けて戦略を考えていくことで、どんな経営をしたら良いのかが見えてきます。また、経営をするという事は数多くの組織を動かす必要があります。その組織が動くようにするためには、しっかりコミュニケーションのスキルを身につける事が大事です。その時に大切なのは、自分の戦略をどのように分かりやすく伝えるのか、今後はどのような事をしたいのかをしっかり把握することです。

顧客の満足を上げる場合

店の経営する時は、新たに得た顧客を満足させるにはどうしたら良いのかをしっかり考えることが大事であり、カリスマである原田泳幸氏も述べています。顧客の満足度をあげることで、たくさんの利益を得ることが出来ます。例えば、経営している店が飲食店だと価格やメニューなどをどうするのかをしっかり考えることです。また、全体をどう構成していくのかということも大切になってきます。店の商品の中には、顧客を惹きつける商品が存在することもありますが、コストが低くても利益を得られる商品もあるのです。どのような組み合わせで、利益を生み出すことができるのかという構造を頭のなかで描きながら、その構造を把握していくことが大切なのです。