原田泳幸式経営の法則│『できない』を『できる』にする極意

チャンスと努力

失敗は次にいかせるチャンス

2人のサラリーマン

誰だって失敗はします。しかし、それにいつまでもこだわっていてはいけません。なぜなら、新しいチャンスをつかめなくなってしまうからです。そのチャンスを掴むためには、いつまでもくよくよするのではなく、前向きに捉えることが大事です。それが新たなチャンスを掴む方法だと原田泳幸氏は言っています。その言葉の通りどんな事が起きても前向きな考えを持つということは大切です。人生を歩んでいく中で、失敗はつきものです。その失敗を何度も重ねることで、学ぶこともありますし、見えてくることもあります。それをネガティブに考えるのではなく、次にいかせるチャンスだと思うようにすることが大切だと原田泳幸氏は言っているのです。

何事も全力でやっていこう

人生は計画的に生きると言うことは難しい事です。計画した通りに生きようとすると、自分が予想もしていない事態に巻き込まれる可能性もあります。その事態を時間を掛けて乗り越えることが出来る強い心を持っていれば、どんな事態が起きても対処することはできます。しかし、計画的に事を運ばせようとしている方は、視野が狭くなりがちです。その視野を広くするには、計画を立てないということです。計画的に事を運ばそうとするのではなく、何事も全力でベストを尽くしていくことでキャリアを手に入れることができると原田泳幸氏は言っています。どんな事でも努力をするということは大切です。自分が成功を手に入れたい場合は、何事も努力をするということが重要なのです。原田泳幸氏のように何度失敗をしてもチャンスに変えて何回もチャレンジをすれば、その努力が実り成功に繋げることができるのです。