原田泳幸式経営の法則│『できない』を『できる』にする極意

キャリアの形成に必要

巡り合わせによるもの

握手をする

仕事をすることは、成人になれば義務として多くの時間と労力を費やしていくことになるでしょう。その中で業務を円滑に進めていき能力を身につけていく方法のひとつにキャリアの形成があります。一般的にキャリアを積むことは、仕事をする上で収入と地位を得ることができる大事な手段であるとされます。しかし、原田泳幸氏はそれだけが全てではないという言葉を残しています。大手企業の経営者として辣腕を振るっていながら、キャリアは関係ないという言葉を発することは矛盾しているように感じられることでしょう。ただ、原田泳幸氏の場合は、キャリアを積むことがダメだと言っているわけではなく、それに必要なプロセスとなるプラン立案があまり意味はないと考えられています。その理由は、キャリアを形成していくことはわざわざプランを立てるものではなく、日々の取り組みから巡りあわせてやってくるものだと説いているからです。

全力投球で臨む

キャリアを形成することは、普通に仕事をしているだけでは習得できるものではありません。それなりに人より努力をしていかないといけませんし、結果を出さないといけない場面もあります。ですから、プランを立てずに形成していく方法としては全力投球で自分の持てる力を発揮することにあるでしょう。全力投球をすることにより、自分の成長と周りからの評価に綱がりめぐり合わせのキャリアとして活かされるようになるのです。仕事を円滑に進めていくヒントとして、このような原田泳幸氏の言葉は役立つ場面が非常に多いと言えるでしょう。