原田泳幸式経営の法則│『できない』を『できる』にする極意

ビジネスのヒント

チャンスを手にする視点

サラリーマン

多くの起業家にとって関心を持つことは、どのような場面でビジネスに繋がるかということ。優れた経営者というのは、いつ、いかなる時もビジネスのことが頭の片隅にあることからチャンスをものにします。原田泳幸氏においてもそれは同じで、独自の理論を持っています。特に人と異なる視点とされているのが「できるわけがない」というところにチャンスがあると考えていることでしょう。多くの人は「やればできる」という部分に力を注ぎ、結果を出そうとします。逆に「できるわけがない」という部分はハナから諦める人が多く、あまり重要視していない傾向にあります。原田泳幸氏はこの人が持つ心理を逆手にとり、誰も挑まないポイントこそビジネスチャンスがあると考え、ビジネスチャンスと成長を求めてチャレンジされてきました。そうした結果、大手ファーストフードやIT企業において偉大な功績を残して歴史に名を刻んでいるのです。

チャレンジすること

ネガティブに捉えてしまいそうな部分に敢えてスポットを当ててチャレンジする原田泳幸氏は、プラスに変える発想を持っている一人と言えるでしょう。実際にマイナス要素となることはそのままマイナスとして捉えるのではなく、どうにかしてプラスにする方法を模索されて成長されました。この前向きな経営手腕が結果として結びつき、人とは異なる結果をもたらしたのでしょう。これらも新たなチャンスと成長が生まれるきっかけとなる部分であり、原田泳幸氏がカリスマ経営者として崇められる所以なのでしょう。企業の成長を加速させたいと考える場合は、少し視点を変えて物事を捉えることが大切です。